副業でも転売・せどりで稼ぎ、会社の給料だけに依存しない生き方を教える

せどりの歴史を遡って分かったこと【時代の変化に対応するのは必須】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1年後に「あの時こうしてれば・・・」と後悔しないように生きるのがモットー。 副業でも、本業の給料を超えた電脳せどりを伝える使命感に駆られて、副業でも出来る方法を本ブログにて徹底解説しています。 更に、せどりとは関係のないコンテンツビジネスにも挑戦中です! 会社の給料だけに依存せずに、副業で稼いで自由度を加速させましょう!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!リョウです。

 

「せどりの歴史ってどういう感じなんだろう。昔からせどりってあったのかな?」

このように思っている方に向けて本記事では

せどりの語源から歴史までを読み解いて解説します。

 

そもそも『せどり』とは?

『せどり』をWikipediaで調べてみると、以下の様な意味が出てきます。

『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

引用 Wikipedia:せどり

こんな感じで書かれていますが、さらに簡単に言うと、

『安く仕入れて、高く(適正価格で)売り、その価格差を儲けにするビジネス』

という認識でOKです。

 

昔から『せどり』ってあったの?【語源と歴史】

『せどり』の語源は諸説あり、はっきりとはしていませんが以下の3つの語源があります。

  • 糶取り
  • 競取り
  • 背取り

 

糶取り

『糶取り』の『糶』とは、米を売りに出すと言う意味なんですが、ずいぶん昔に、貯蔵されてある米を選び出して売りに出す行為が、数ある物の中から選び出して売る行為と同じ意味で使われる様になったと言われています。

 

『競取り』

この『競取り』は、古本業界で、業者同士の仕入れ時に行われる『競り』からきているとも言われています。

 

古本業者同士の競りでは、古本を一冊単位で仕入れるのではなく、大量の数をまとめて仕入れをします。

 

数冊から数十冊〜数百冊単位のロットごとで仕入れるので、その中には利益が取れる本だけではないので、大量の本の中から、利益が取れる本、売れる本だけを抜き出して販売するわけです。

 

この様なやり方から、『競取り』という言葉が使われる様になったとも言われています。

 

背取り

この『背取り』は、前述の2つよりは最近の言葉として使われていると思います。

 

これは、ブックオフや古本屋などで、数多くの本の中から本の背表紙を見て、利益が取れそうな本だけを抜き出して仕入れる事から『背取り』と言われる様になりました。

 

この『背取り』が一番しっくりくるかなとも思いますが、Wikipediaでいう所の『せどり』の意味は、

『(掘り出し物などを)安く仕入れて、高く(適正価格で)売り、その価格差を儲けにするビジネス』です。

 

しかし、現代では仕入れる商品も本に限らないので、語源はぶっちゃけどうでもいいのかなとも正直思っています。笑

 

 

せどりは大昔からある商売の本質!【手法の移り変わり】

こういった『せどり』というビジネスは、『安く仕入れて高く売る』という商売の本質であるので、仕入れ商品や仕入れ先、販売先などは時代が変わっても、本質的には同じ事です。

 

この世の中に、物がある限り、人が消費活動を続ける限り、なくならないとも言えます。

 

現代の仕入れ先は、実店舗から仕入れる場合、

  • ブックオフ
  • ハードオフ
  • リサイクルショップ
  • 家電量販店
  • ドラッグストア
  • ホームセンター
  • etc・・・

 

インターネット上から仕入れる場合、

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • 実店舗のオンラインストア
  • ヤフオク
  • etc・・・

 

仕入れ先は多岐に渡ります。

 

そして、販売先もネット上で行うのが主流で、仕入れ先によってせどりの呼び方も変わります。

 

実店舗から仕入れるせどり➡︎『店舗せどり』

インターネット上から仕入れるせどり➡︎『電脳せどり』

 

 

昔はブックオフで利益商品がポンポン見つかった時代!?

せどりの歴史で言うと、僕が始めるよりもっと前では、

ブックオフでリサーチすれば、Amazonと価格差がすぐに見つかりやすい時代もあったと言われています。

 

しかし現在は、ブックオフの価格はAmazonの価格に合わせてきてることも多くなってきたので、最安値だけ見てリサーチしていた人は、せどりで稼げなくなってしまいました。

 

しかし、中古品の場合、最安値じゃなくて、コンディションに合わせた価格設定をすれば、今でも十分に仕入れる事が出来ます。

 

個人から仕入れる商品はAmazonでは『新品』で出来なくなった

今ではヤフオクやメルカリ、他のフリマアプリの様な個人から仕入れる商品は、Amazonでは『新品』では出品出来なくなりました。

 

前までは、個人の不用品の新品を破格で仕入れて、Amazonで大きく価格差をとっている人も多くいました。

 

しかしAmazonの規約変更により、ヤフオク、メルカリ等の個人から仕入れたものは新品として出品できなくなりました。

 

なので、今までフリマアプリ等で仕入れて、新品として販売していたせどらーは大打撃を受けました。(いまだにコソコソやっている人もいるかもしれませんが・・・)

 

購入者からのクレームやAmazonからの真贋調査が入ると、ほぼアウトになるのでオススメはしません。

電脳せどり業界に激震!?非対面取引による本人確認の法改正

そして、さらに近年でいうと、インターネット上で仕入れる様な非対面取引の場合は、相手の本人確認をしなければいけないという法律に変わりました。

✅参考 警視庁:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/kobutsu/kaisetsu/hitaimen.html

 

どういうことかというと、メルカリやヤフオクの個人から仕入れる場合は、取引相手に住所、氏名、年齢、職業などの情報をもらい、なりすましじゃないかなどの本人確認を行わなければいけないという事になりました。

 

個人の不用品販売している人が、わざわざ個人情報を提示してくれる確率も限りなく低いわけですので、現実的に考えてヤフオク、メルカリなどの個人から仕入れるのは禁止されたと同様のことになります。(個人でも本人確認が取れればOKですし、業者などのストアであれば本人確認に応じてくれる可能性が高いですが。)

 

この法改正は、ヤフオク、メルカリからの仕入れをメインとしていたせどらーにとっては衝撃な事件でした。

 

これによって、せどりを撤退した人もいるでしょうし、店舗せどりをメインに切り替えた人もいるでしょうし、メルカリ、ヤフオク仕入れでも、業者などから仕入れる方向に注力した人もいます。

 

そして、

これを知ってか知らずか、そのままやっているせどらーもいますし、この手法を教えている情報発信者もいます。

 

この非対面取引による本人確認の怠りによって逮捕された事例は、現段階では聞いたことはありませんが、ヤフオク・メルカリ・Amazonなどの規約ではなくて、法律で決められていることなので、見つかれば当然罰則はあります。

 

ネット上の取引が増えている現代では、警察側も1つ1つ取り締まっている暇もありませんが、法律で決まっている事です。

 

つまり、警察側からすれば『いつでも取締る事ができる状態』という事なので、注意する様にしましょう。

 

歴史・時代は変わりゆくもの【定期的な変化が必要】

この様に、時代の移り変わりによって法律が変わったり、仕入れ先や販売先の規約が変わったり、取り扱う商品も変わってきたという歴史があります。

 

とはいえ、ビジネスは常に時代の変化によって変わりゆくものなので、「この手法がダメになったから終了。」ではなく、常に変化し続ける必要があります。

 

一つの手法に固執するのではなく、常に新しいやり方を求め続け、変化を受け入れ柔軟に対応する力が必要になってきます。

 

例えば、

スケールが大きくなりますが、あなたが働いている会社でも同じだと思います。

 

『会社の歴史』みたいなものを見ると、最初から同じ製品やサービスを、ずーっとやっていたわけじゃなくて、新しく始める事業もあれば撤退していく事業もあり現在へと繋がっているかと思います。

 

他の会社の例を挙げると、

トヨタは最初は、糸を織物へと織りあげる『織機』を作っていた会社でしたし、ヤマハなんかは最初はオルガンを作っていたのに、今はバイクも作っていますからね。

 

この様に、新しく始める事業もあれば撤退する事業もあり、時代などによっても変わっていくのは必然だといえます。

 

話がそれましたが、せどりでも同じで、規約・法律・時代の変化によって手法が変わっていくのは必然であり、その変化に対応できなければ撤退(会社であれば倒産)してしまうということです。

 

「なんか難しそう・・・結局、今からせどりを始めても遅いのかな?」

この様に思う方もいるかもしれませんが、現代では仕入れ先・販売先ともにEC市場が拡大し続けていますし、僕自身も令和から初めて稼げているので、そこまで心配する必要もないかなといった所です。

 

とはいえ、この様な心配がある方は以下の記事をご覧いただければ「今から初めても大丈夫なんだ!」と確信していただけると思うので、是非参考にしてみてください。

 

せどりの本質は『安く仕入れて高く売り、その利ざやで儲ける』という事なので、歴史は古く、人と物がある限りなくならないとも言えるので、仕入れ先・販売先・取扱商品などなど、時代の変化に柔軟に対応して稼ぎ続けていきたいですね!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1年後に「あの時こうしてれば・・・」と後悔しないように生きるのがモットー。 副業でも、本業の給料を超えた電脳せどりを伝える使命感に駆られて、副業でも出来る方法を本ブログにて徹底解説しています。 更に、せどりとは関係のないコンテンツビジネスにも挑戦中です! 会社の給料だけに依存せずに、副業で稼いで自由度を加速させましょう!
詳しいプロフィールはこちら
⬇️LINEでリョウと友達になる⬇️

友だち追加

ブログではお伝えしきれない秘密で更に濃い情報を発信していきます♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リョウのせど副ブログ , 2020 All Rights Reserved.